周辺観光

五稜郭公園

幕末に旧幕府軍の榎本武明・土方歳三らが駐留した五角形の洋式城塞。現在は市民憩いの公園として整備されていますが、公園の一角に土方歳三が埋葬されたと断定する歴史家もいます。
当ホテルの真向かいの、市電競馬場前停留所から五稜郭公園・函館駅前方面行きの電車で約10分+徒歩10分の位置にあります。

函館山

函館山からの夜景は、「100万ドルの夜景」とも「世界三大夜景」とも称されています。また日中の景観も美しいの一言です。
当ホテルから徒歩8分の《函館アリーナ前》に夜景観光バスの乗り場がございます。詳しくはフロントにお問い合わせ下さい。

元町界隈

函館山の麓に広がるハリストス正教会に代表される各国の教会や寺院等が立ち並ぶエキゾチックなエリア。
市電末広町停留所で降車後、函館山方向へ徒歩約10分です。

ベイエリア

元町から程近い(函館湾側へ徒歩約10分)ロマンチック感あふれるベイエリアでは、おしゃれなレンガ造りのショッピングモールや地元の有名グルメ店巡りがお楽しみいただけます。

函館朝市と自由市場

函館朝市:JR函館駅前の左隣に位置する、戦後の闇市から始まった日本でも最も古い部類の市場。海産・青果物・飲食店等約400店舗が軒を連ね、年間200万人が訪れる観光スポット。
自由市場:市民に親しまれている市場。価格のリーズナブルさから、近年観光客も多く訪れるようになった。市電新川町停留所から徒歩3分。

青函連絡船記念館/摩周丸

昭和63年の青函トンネル開通とともに廃止された青函連絡船・摩周丸を当時の乗船口であった旧:函館第二桟橋に係留・公開しています。往時のままの船内の操舵室や無線通信室等も見学できます。函館朝市から徒歩3分。

立待岬

函館の美しい街並み、さらには津軽海峡を挟んだ対岸の青森県まで一望できる断崖絶壁のビュースポット。
市電谷地頭停留所から徒歩15分程度ですが、上り坂が続くためタクシー利用がおすすめです。

トラピスチヌ修道院

明治31年にフランスから派遣された8人の修道女が設立した男子禁制の日本最古の女子修道院。院内は牧歌的な美しい草原が広がり、修道院のレンガ造りの建物前からは函館山と市街地が一望できるその景観も素敵です。すぐ隣の<市民の森>市営駐車場横の売店のソフトクリームは「他では味わえない絶品」と観光バスのガイドさん達の口コミから評判になっています。
当ホテルからは市電湯の川停留所で降車後、バスまたはタクシーで約5分から10分です。詳しくはフロントにお問い合わせ下さい。

函館の路面電車

明治30年に東京以北初の馬車鉄道として運行を開始、大正2年からは路面電車での営業を開始。現在32輌の車輌がありますが、そのすべてが違った型式や塗装となっています。当ホテルの2~4階の電車通りに面した部屋からは夕方の時間帯は約5分おきにそれらの車輌の勇姿を間近に見ることができます。
バナー